<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    勉強に向かう姿勢

    0
      ども!
      たまには息抜きを覚えたらいいんじゃなかろうか
      ほぼ毎日息抜きしている
      かるぼんです!


      本日は黒歴史カテゴリにて
      かるぼんの勉強に向かう姿勢がどのように変化していったのか
      書いていきたいと思います!
      え?需要ない?ww 知ってるwwwww


      ではまず小学校に入学しましょう
      入学当初の記憶なんぞまったくありませんが←

      記憶にあるのは友達を作れなくて
      いつも余り者人生を歩んでいたことぐらいですか

      小学校時代のかるぼんの評価的には
      ・授業中よく寝る子
      ・テストでらくがきばかりして問題を解かない問題児
      ・宿題等の提出物をまともにできない残念児童
      でした。

      姉や兄が立派だった分
      かるぼんはあまりにも不出来で可哀想な子でした
      でも勉強自体は嫌いではありませんでした

      テストが大嫌いだったけど
      (点数付けられる意味がわからなかったため)
      それでも図書館にある漫画版伝記は楽しんで読んでいたし
      歴史の人物事典を読んでマイナー所について調べて
      授業ではやらないけど こんな人もいたのか
      と心躍らせたものです
      算数は珠算教室で少しやっていたので
      なかなか得意だったし 何より楽な考え方を見つけるのは楽しかったです

      でも小学校時代でそれはあまり歓迎されませんでした
      「授業では習っていないでしょう?苦笑」
      と言われ 自分で何かを学ぶということが否定された気分になり
      そのうち かるぼんは図書館に通うのをやめました

      ちなみにそれは関係なくかるぼんの成績は散々で
      親と担任の懇談会 が行われるたびに
      押し入れや祖父母の部屋に隠れてびくびく震えておりました
      懇談会の日は母親が毎度憤って帰ってきていたのが本当に申し訳なかったです

      ※かるぼん宅は親が全てである、親を敬うのは当然だ
       そして立派な両親の子どもも立派でなければならない
       といったような不思議なプレッシャーがかかっておりました

      中学に入学し かるぼんは考えを改め
      真面目に頑張ろうと考えました
      まぁ小学校でも存在した軽いいじめのようなものは
      中学になっても継続していましたが
      友人がちょこちょこいたのと
      この時代からPCを与えられ
      ゲームの公式サイトに設置されたチャットに入り浸ることで
      昔ほどのストレスは感じなくなっていました

      そして中学から本気だして頑張ってみた結果 学年3位ね
      1学年300人ほどいた学校ですがいかんせん田舎なもので馬鹿中だったわけです

      頭のいいやつにはそんなに手がだされないのか
      はたまたハンドボール部に所属していたからか
      表立って酷いいじめなどはあまりうけなくなっていました

      この時代でも勉強というのは行わず
      習った事を復習することでテストをかいくぐっていました
      ですがこの時期から「検定」というものに興味を持ち始めます

      漢字検定からはじまって英語検定を受験し
      なにか変ったものが受けたいと思っていろいろ調べ
      数学検定というものの存在を知りせっせこ受けてみたりもしました

      ここでようやく授業外のことを勉強する ということを再開しました
      幸せなことに 数学教師も検定受験を応援してくれており
      習っていない分野でも参考プリントを用意していただいたりと
      良くしてもらいました

      高校に入ってから
      何を間違ったか そういった意欲は絵に傾いていきました
      中学が馬鹿中だったおかげで素晴らしい高校に入ることができたおかげで
      周りの環境がとてもよく 平和ボケしたような高校に入学してしまったため
      たぶん 刺激が足りなかったのでしょう
      そうしておきます(かるぼんのやる気の欠落が問題なわけだが)

      勉強のモチベーションが落ち切った時
      まさかの絵を描く友達の出現によって
      みるみるうちに絵にのめりこんでいきました
      ここで出会ったのが相方であるnaluneさんです

      お勉強よりも絵!そんなことを進学校で遂行するかるぼん
      本当におろかなことでした
      このころになるともうお勉強しないとダメ!な感じではありましたが
      相変わらずの習った事で好きなことだけ復習するスタイルのかるぼんは
      成績下位常連でした このころのかるぼんは
      数学と理科だけできるマイペースな運動系女子 という認識されておりました
      (授業中寝てばかりいるためマイペース認識)

      そんなこんなで受験生となり
      親の言いつけ通り国公立大学を受験すべく 勉強を開始
      当然成果はまったくでませんでした←

      友人たちの間柄でも勉強のできない残念キャラを確立していたかるぼん

      いよいよ大学生になれるかどうか怪しくなってきたある日
      かるぼんは博打をうちました
      いや戦略を立てただけなんですけど
      周りからすれば十分博打です

      「面接に全てをかけよう」

      勉強という勉強を放棄し受験科目というか面接科目である
      化学の口頭試問に対応すべく
      化学のみをひたすら理解することを始めました

      ここが唯一といっても過言でない
      「勉強」を行った時期でありました
      かるぼんの化学の知識はこの時のものです

      で 博打に成功して大学に入学
      周りは勉強好きっぽい友人ばかり
      私はオタク街道まっしぐら

      習った事だけ復習する精神しかもっていないかるぼんは
      あきらかに大学の勉強に慣れていませんでした(今でも慣れてない

      自分で学ぶ

      そんなことできませんでした
      そしてそのままずるずるずるずるきて

      現在に至る←

      今までの短いですがかるぼんの一生で
      「勉強」を行ったのは非常にすくないです
      教えられるものだけ 与えられるものだけ ちょっと広い集めていただけです

      なので是非このブログを見ている私より若い人がいるならば
      (もちろん私よりも年輩であろうと是非やっていただきたいですが)
      是非自分で自ら学ぶという姿勢をもって「勉強」してもらえればなぁ
      と思うわけです

      なんでもいいのです
      自分の好きなことでも構わないです
      自分で行い 疑問を持ち それについて調べて学び そして考えてください

      私たち人間は学び・考えることができる生き物なのですから
      是非ともそれを行っていってほしいです

      あ かるぼんはもう良いので
      勉強嫌いだし
      絵についてはマイペースに頑張る所存なので
      それ頑張るから 勉学のほうは ね

      頑張る機会があれば 頑張りたいと 思います
      かるぼん * 黒歴史 * 09:53 * comments(0) * -

      怖いもの

      0
        ども!
        最近食べ過ぎでぷにぷにやばいかなぁ
        なんてお腹周りを気にしてしまう
        かるぼんです!


        さてネタがないネタがないと嘆いていましたが
        実は書いていないネタありました
        思い出しました
        というか記憶から抹消しようとしてました

        先日富士急ハイランドに行ったのですよ

        富士急と言えばメイン級のジェットコースターが大量で
        ふじやま
        どどんぱ
        ええじゃないか
        高飛車
        と素敵な絶叫がそろっているところですよね!
        なんて贅沢!

        ですが幸か不幸か私が行ったのは雨天日
        雨ではジェットコースターは動きません・・・
        雨というか台風の中動いているアトラクションに行こうと
        歩みを進めていた先を見たらなんと

        戦慄迷宮に・・・むかっていたようなのです・・・
        (総勢10名で行って来たので誰かの気の赴くままに進んでました)

        (゜□゜)・・・・いやいやいやいやむりむりむりむり

        お化け屋敷は一生入らないと心に決めていたかるぼん
        もちろんいままでお化け屋敷に入ったことはありません
        どんなにしょぼい所だろうが入りませんでしたよ

        そんなかるぼんに まさかの 戦慄迷宮 突入命令が下ったわけです

        でも内心案外いけるのではないか なんて気にもなってしまうのが
        恐ろしいところでして・・・
        (メンツが高校のころ馬鹿やった仲間だったのと
         大学に入ってから夜の外出が増えて暗い所に慣れたので
         なにかしらの錯覚をおぼえていたようです)

        さすがに10人は多いので
        4-3-3人に分かれて突入です

        はじまりの部屋は少し暗いだけの部屋だったので
        まだ平気で レントゲン室に貼ってあった放射線のマークに
        ちょっと親近感覚えてキャッキャしたりもしました

        びっくり系も弱いかるぼん
        どこもかしこも悲鳴をあげまくりましたが

        とりあえず結論から申しますと
        叫ぶ→走る→転ぶ→泣く→叫ぶ→リタイヤ

        でした。

        同じグループのみなさんには悪かったですが
        もう無理でした
        何が無理って 人が無理

        友人は「おばけじゃないし平気」とか
        「脅かす気もなく歩いてくるだけだし平気」なんていってましたが
        違うのです おばけは物理的な危害を加えないであろうと思っているので
        ぶっちゃけおばけはそこまで恐怖の対象じゃないはずなんです
        (といいつつ普通の人よりは心霊系もダメです)

        でも 違うのです
        私の恐怖の対象は人間なのです

        とりわけゾンビとかいうのは最悪ですね
        物理的に触れてこられる上に
        攻撃できたとしても生身の人間より強固であるため
        こちらがやられる確率の方が高い という認識です
        (もちろん実在するわけでもありませんから 妄想です)

        さらに生身の人間ももちろん怖いです
        たまに怪談やら怖い話でオチに人間だったというものがありますが
        かるぼんはそっちの方が怖いのです
        だって現実に起こりうる可能性からして恐怖の対象は人間でしょうよ

        で その恐怖の対象が 明らかに自分の味方ではないものが
        迫ってくるという恐怖
        これに堪えられるわけないじゃないですか

        ちなみにかるぼんは一人の夜道より
        少し後ろの離れた場所を同じ方向に帰宅する人間が存在した方が怖いです

        怖い関係ダメだと言ってはいましたが
        こういう機会がなかったため
        高校の友人たちは笑いながらガチ戸惑いが隠せなかったご様子

        普段の偉そうなかるぼんからは想像つかないらしいですね!
        まぁ そりゃそうか

        まぁ もうお化け屋敷なんか入りませんからね 大丈夫でしょう
        少なくとも女同士では絶対入りません
        (今回は男1女3で入りました)

        守ってくれる人がいないのに絶対入れません

        と かるぼんらしからぬ発言でもして終わっておきます

        かるぼん * 黒歴史 * 13:30 * comments(0) * -

        現実逃避

        0
          ども いま込み入った感じの案件が4件たまってて
          頭と体が限界にきてるので
          現実逃避ぎみにこちらにカタカタしてます
          かるぼんです


          いやぁ 案件って重なるもんですね

          馬鹿じゃないかってぐらい重なりますね
          しかも重要なのが!!苦笑


          普段からやってないかるぼんが悪いのですが
          いやぁそれにしてもつらいものですね

          昨夜なんて頭使いすぎてまっすぐに歩けませんでしたよ
          (考えることが苦手な可哀想なかるぼんです)
          疲労☆困憊!

          まぁこんなの自分だけじゃないと思うので
          あまり弱音ばかりはいていても仕方ないのですがね


          いやぁせっかく毎日ブログ更新してたので
          今日もとりあえずで書いてるのですが

          こんなもの面白くもなんともないですね
          すみません

          今日 案件片付け次第ちゃんと新しいの書きますね
          そしたらこれ消します

          書けなかったら黒歴史カテゴリに移行しときますwww



          ・・・・うっし やるぞー!
          かるぼん * 黒歴史 * 12:40 * comments(0) * -

          かるぼんハイスペ疑惑

          0
            ども!おはようございます!
            日曜日更新ですよ
            学校には間に合う時間に起きて
            安心したような残念なような かるぼんです

            本日はとってもくだらない話題
            「かるぼんってもしかしてハイスペなんじゃね?」
            疑惑が最近浮上(主にリアルで)
            しているので
            かるぼんのスペックを紹介しようと思います

            カテゴリどうしようかと悩んだのですが
            きっと未来にこれ見たら
            「黒歴史」かなって思って
            黒歴史にしときます
            (最初「日常」だったなんて言えない


            はてさて
            まずは基本スペック
            身長、体重はThe☆平均的です
            ただし胸だけは残念以外のなにものでもありません
            それ以外は普通なんじゃないでしょうか
            顔に関してはノータッチでいきます


            運動に関しては
            小学校のころは強制参加の競技会なるもので
            陸上のハードルやっておりました 早くもなく遅くもなくw
            あとは水泳スクールに通っておりましたので
            一応小学生2年で500m泳ぎ続ける
            といったことしておりました
            あとバドミントンも数カ月だけですがちょこっとやってました
            でもかるぼん引きこもりだったので
            おおよそ体力のない可哀想な子でした
            バスケとかもやってなかったしね

            中学時代はハンドボール部に入部したおかげで
            運動できるキャラへ(ハンドボールはきついから
            スポーツテストもAランク常連へ
            スタメンに出たくなかったという理由もあり
            さぼりつつスーパーサブと呼ばれる補欠に
            よってそこまで運動できるわけでもなくできないわけでもなし

            高校時代もハンドボール部でしたので
            運動できるキャラ継続(実は運動音痴なのにね
            体育大会ではリレー選手にも選ばれちゃって 驚き
            瞬発力が足りないので短距離は足遅いのですがね

            大学にて運動やめてしまったために
            体力は地に落ちました。。。


            学力面では
            小学校:親を悲しませるレベル
                算数だけを愛し習い事の珠算・暗算に邁進する毎日
            中学校:さすがに親を悲しませたくないと考えた結果
                最高校内3位を記録
                ま うちの中学いなかの馬鹿中でしたので・・・
            高校:勉強せずに落ちぶれていくかるぼん
               数学だけは自信を持つ謎で可哀想な子に
            大学:残念の一言です


            あとは習い事的スペック?
            ・習字(一般4段:あと6回昇段で師範(笑))
            ・ピアノ(簡単な合唱曲の伴奏が引けるレベル)
            ・珠算(2級)
            ・暗算(初段:3ケタ計算まで加減乗除できるレベル)
            ・お華(何流とかなく幼稚に良い感じに生けれるレベル)
            ・水泳(平泳ぎまで:バッタは無理)

            検定類
            ・英検:3級
            ・数検:2級
            ・漢検:準2級
            ・珠算とかも一応検定だけどいいや
            ・TOIEC:最高400弱(馬鹿の代名詞やで〜


            こんな感じ?です
            あれ そんな高そうに見えないぞ どういうことだ バンバン
            やはりかるぼんさんは一般人だったようです
            ハイスペ疑惑なんてなかったんやー


            ハイ すみませんでした
            凡人は凡人らしく つつましく生きていきますよ・・・
            かるぼん * 黒歴史 * 09:03 * comments(0) * -

            HNの由来

            0
               ども!おはようございます!
              もうすぐ昼ですね!かるぼんです!

              今日はお名前の由来について語っていきたいと思います
              カテゴリは黒歴史(笑)

              まずはこの「かるぼん」というのがなんなのか
              理系の方はぴんとくるものがあるのではないでしょうか?
              そう「カルボン酸(R-COOH)」でございます
              ※ちなみにカルボンという化合物もありますが
               あいつとは関係ございません 一時サムネに使ってたけど

              で なんでカルボン酸?というと
              実は始まりは理系とかまったく関係なかったのです

              〜ここから過去の黒歴史話だよ〜

              かるぼんは昔
              学校の部活動でハンドボールというスポーツをやってました
              一時「オリンピック」「審判」「宮崎大輔」等で有名になりかけた
              球技の中の格闘技こと ハンドボールでございます

              で そこではコートネーム(部活中に呼びやすいあだ名)
              を使用することが決まっておりました
              名付け親は先輩でございます

              で かるぼんに与えられたのは 「さく」
              一応本名由来のものでございました
              いやぁこのコートネーム超お気に入りでして
              高校では本名よりもこちらで呼ばれるほどでした
              担任でさえ「さく」呼びでした(笑)
              一応漢字は当て字で「朔」となっております
              これは同輩が
              「さくっていったら、セカチューの朔ちゃんじゃん!
               アドレス帳にそう登録したから!」
              と半強制的に決定したためです すごく気に入ってます(笑)

              で その部活 先輩を「さん付けで呼ぶ」慣わしでして
              後輩入ってきたときに「さくさん!」と聞いて
              馬鹿な同輩は気づいてしまった
              「さくさん・・・・酢酸(CH3COOH)!!!」
              はい ここで新たなあだ名「酢酸」の登場です
              こいつも未だに呼ばれるあだ名です ぅぃ
              ※この時理系ではありましたが数学愛好家だったので
               化学に特別な愛はありませんでした
               が 携帯アドレスにはch3coohがはいってました←

              時は流れハンドボール部を引退した後
              私は友人の所属する文芸部にもぐりこみました
              そこで「朔・もしくは酢酸と呼んでください」と自己紹介した時
              不運なことに理系男子のおもしろ集団がくいつきまして
              「酢酸ってつまらないよな!新しいあだ名つくろーぜ!」
              構わんですが そのノリ怖いな
              文系「酢酸って言えば カーミンかオルセイン?」
              ※染色体の染色液
              理系「いやそれは単純というか関係薄いだろ
                 やっぱシンプルに酢酸といえばカルボン酸!!」
              そうして「カルボン」というあだ名は誕生しました

              えぇお気づきかと思いますが
              これ リアルのあだ名なんですよ←

              本当はお絵描き好きなのでPNがあるんですが
              厨二病くさいってのと親しみが足りないと思って
              ネット上でも「かるぼん」を使用してみた次第になります

              いまでは どこでも「かるぼん」が主流で苦笑ですね

              気に入っているのでいいですが
              いやぁ 今思えば
              カーミンやオルセインにならなくてよかった!
              本当によかった!

              そんなこんなでかるぼんはこうして生まれました
              生みの親である文芸部とはいまでも腐れ縁で
              よく集まって遊んでますが
              生涯最高の仲間です



              え?ハンドボール部?
              連絡まったくとってなかったら成人式のとき
              生存確認を命じられた友人がいたようないなかったような
              (連絡とってやれ


              いやぁ 出会いって大事 経験って大事!ですね!
              かるぼん * 黒歴史 * 11:55 * comments(0) * -
              このページの先頭へ