<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 前提条件の設定ミス | main | 日本のエネルギー事情 Part1 〜現在電気は足りているか?〜 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    日本のエネルギー事情〜なぜ原子力をやめないか?〜(序章)

    0
       ども!
      真夏の暑さから一転
      雨のせいで小寒い日が続きますね
      体調崩しそう な かるぼんです!

      さて、本日TVを見ていると
      「集団的自衛権が〜」ってお話をしていました
      その中で気になったワードが「ホルムズ海峡」です

      皆さんホルムズ海峡はどこにあるかご存知でしょうか?
      知らない方は Let's 検索☆

      簡単に言ってしまえばホルムズ海峡は中東から石油を運び出す際に
      タンカーが通る重要な搬出路です
      そこっていうのは情勢が不安定・・・
      ドンパチが起こりやすい地域の近くになるんです

      日本では発電は火力が主流ですから
      ホルムズ海峡というのは日本のエネルギーの多くを
      安定的に使用するために重要ってことがわかるのではないでしょうか

      なのでホルムズ海峡でドンパチされたら困る
      ということで本日のTVの話題にちらりと登場していたわけです


      それでは本題です

      今回はいろんな発電方法や燃料資源について検討し
      なぜ今の政府が打ち出したエネルギー基本計画で
      原子力発電が重要なベースロード電源なのか?
      「なぜ原子力をやめないか?」
      それを長々と説明していきたいと思います

      皆さんはエネルギー基本計画というのを見たことがあるでしょうか?
      見たことはなくてもニュースなどで聞いたことがあるでしょうか?

      エネルギー基本計画にはちゃんと
      政府が何を考えてエネルギーはこうします!と方向付けたのか
      書かれています
      書かれていますがいきなり読めって言われても
      ハードルが高いと思いますので
      そちらの解説?説明?噛み砕いたイメージ?を交えながら
      エネルギーについて知っていただければと思っています

      本文読みたかったらネットで検索すれば出てきますので
      原文派の方は探してみてください
      私もGoogle先生で検索して読んでます

      それでは長くなったので
      次の記事から少しずつやっていきたいと思います
      基本計画をすべて解説するわけではないので
      要望があればその箇所も説明するみたいな形をとります
      是非ともご意見お待ちしています

      それでは 今日は眠いので
      このへんで おやすみなさい!
      かるぼん * かるぼん(酢女史)講座 * 23:26 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:26 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ