<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本のエネルギー事情 Part2 〜火力を増やしたら何が問題?その1〜 | main | 日本のエネルギー事情 Part4 〜火力を増やしたら何が問題?その3〜 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    日本のエネルギー事情 Part3 〜火力を増やしたら何が問題?その2〜

    0
       ども!
      超大作のシリーズに心が折れそう
      かるぼんです!

      それでは「火力を増やしたら何が問題?」2つめいきましょう!

      2.地球温暖化

      地球温暖化の原因って知ってますか?
      よく言われるから知ってますね^^
      「温室効果ガス」が太陽の熱を逃がさないので
      地球の表面付近に熱がこもって暑くなっちゃうってやつですね

      では問題です
      温室効果(熱を逃がしにくい性質)は何が一番高いでしょう か!
      CO2(二酸化炭素)
      CH4(メタン)
      H2O(水)

      シンキングタイムはありません すみません

      答えはH2O(水)です
      水というのは暖かくなりにくく冷めにくいです
      砂漠とか内地とか海辺とか
      いろんなところの気温考えてもらえるといいかと思います

      でも地球温暖化は水のせいだなんていう人いませんね?
      それは当たり前!だって地球には海にたくさん水があります
      昔からあります
      なので水が最近の温度上昇に関係しているとは考えないわけです
      よって最近増えてきたもので温室効果ガスは何か
      と見てみると産業の発達により増えてきた二酸化炭素だ
      となったわけですね
      (ここまではかるぼんの趣味の雑学です←)

      では二酸化炭素ってどうやったらでてくるのでしょうか
      いろんなところから出てくるんですけど一番身近なのか
      物(有機物:炭素を含んだ物質)を燃やすこと

      燃やすというのは酸化反応なので
      炭素が酸化されて二酸化炭素になります

      それが火力発電にどんな関係があるのか?
      火力発電は化石燃料(炭素たっぷり)を燃やして
      その熱でお湯を沸かして発電しています

      ということは
      火力発電をすると二酸化炭素が排出されてしまうわけですね
      二酸化炭素排出量割合なんか調べると発電所からってのが
      あったと思います(正確な数値はあとで編集する・・・かも?)

      ということで火力発電を増やしていくということは
      二酸化炭素の排出量を増やしていくということにつながり
      さらには地球温暖化が進んでしまうということになります


      かるぼん * かるぼん(酢女史)講座 * 09:25 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:25 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ